自動詞か、他動詞か

(2022年5月23日 付)

 「花瓶が落ちて割れた」の「落ちる」「割れる」は自動詞。「落として割った」の「落とす」「割る」は他動詞。何がどうしたというのが自動詞。何をどうしたというのが他動詞。面倒な文法ですが、自動詞・他動詞という考え方は俳句にも役立ちます。

 

 六月や峰に雲置く嵐山 芭蕉

 

 真夏、草木が茂る嵐山に雲がかかっている。「雲置く」は他動詞で、「嵐山がみずからの峯に雲を置いた」のです(山口誓子『芭蕉秀句』)。「露が置く」のように「置く」を自動詞として使うこともありますが、この句の「雲置く」は「雲が置く」のではなく「雲を置く」のです(加藤楸邨『芭蕉全句』)。

 もしも「置く」を使わなければ「峰に雲ある嵐山」「峰に雲立つ嵐山」などとするのでしょうけれど、それよりも「峰に雲置く」のほうが、山にのしかかるような雲の印象が強調されます。芭蕉自身「雲置く嵐山」に苦心したと弟子に語っています(『三冊子』)。

 さて、今回は他動詞を用いた投稿句を見てみましょう。

「何を印象づけるか」で決める

あかね色耕す土を染めりけり

 永井喜則さん(北秋田市、63歳)の作。「耕す」が春の季語。耕している田畑の土を、夕映えが茜色に染めたのです。「染めりけり」は誤用。正しくは「染めけり」ですが、それだと一字足りないので「染めにけり」に直しましょう(「染めにけり」の「に」は完了の助動詞「ぬ」の連用形です)。「茜色」は「夕茜」といったほうが、夕日の色であることがはっきりします。添削案は以下の通りです。

夕茜耕す土を染めにけり

 自動詞と他動詞の話に戻りましょう。「染めにけり」の「染め」は他動詞「染む」(口語では「染める」)の連用形です。同じ事柄を、「○○を染める」という他動詞でなく、「○○が染まる」という自動詞を使って書くこともできます。すなわち「夕茜耕す土の染まりけり」です。「土の染まりけり」は「土が染まった」という意味です。

夕茜耕す土を染めにけり…①(他動詞)

夕茜耕す土の染まりけり…②(自動詞)

 他動詞を使った(1)と自動詞を使った(2)は、句の意味はほとんど同じですが、読んだときの感じは微妙に違います。夕茜が土を染めたという(1)は、夕茜の印象が一句全体に行き渡っているような感じがします。いっぽう(2)は「夕茜」の後に軽い切れ目があり、中七下五の主語は「土」ですから、夕茜に染まった足もとの土が見えて来ます。(1)と(2)のどちらを選ぶかは、作者が読者に何を印象づけたいか、によります。夕茜を印象づけたいのなら(1)、夕茜に染まった地面を印象づけたいのなら(2)です。

 

 春雨やよもぎをのばす草の道 芭蕉

 

 「春雨や蓬が伸びる草の道」でも意味に変わりはないが、「蓬をのばす」といえば何が蓬を伸ばしたのだろうと問いたくなる、とは詩人の安東次男の評です(『芭蕉百五十句』)。この句は「のばす」という他動詞により、蓬が成長した原因は降り続く春雨だということを強調しているのです。

 「人が死んだ」といえば不幸な事故。「人を死なせた」といえば、誰かの責任が問われます。自動詞・他動詞の選択には、そこに必ず表現者の何らかの意図が働きます。俳句を作るさいにも、自動詞を使うか、それとも他動詞を使うかは思案のしどころです。