祖父たちの戦争

 特攻隊として戦死した祖父の兄の遺書をきっかけに、記者(37)がその足跡を追い、戦争の記憶と向き合った。8回続き。

ご意見は〒010-8601、秋田魁新報社文化部。メール(bunka@sakigake.jp)、ファクス(018・823・1780)でも受け付けています。