宝を磨く 世界文化遺産・縄文遺跡群

 鹿角市の大湯環状列石と北秋田市の伊勢堂岱遺跡を含む17遺跡で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界文化遺産に登録された。登録によって、地元では観光振興への期待が膨らむ一方、「顕著な普遍的価値」を守る責務も負うことになる。世界に誇る地域の宝をどう活用し、保存すべきか。今後の在り方を探った。3回続き。