ワールドゲームズの記憶 2001秋田大会から20年

 「第2の五輪」と称されるワールドゲームズ(WG)が2001年8月、アジアで初めて、本県で開催された。WGは五輪に採用されていない競技・種目を集めて4年に一度、夏季五輪の翌年に開催される国際総合スポーツ大会。同年8月16~26日の11日間、93の国と地域から約4千人の選手らが参加して県内8市町村で公式・公開計31競技が行われた。今年は秋田大会から20年となる。大会の記憶をたどり、本県に残したものを考える。