若者のミカタ

 地域の将来を考えるときに大きな鍵を握るのは、社会を活気づかせ、次世代を支える若者たちの存在だ。縮小ループは、逃れられない道なのか。連載「若者のミカタ」を通じ、若い世代の価値観(見方)を知り、若い世代のチャレンジを後押し(味方)することで、秋田の未来を切り開く道を探りたい。

第7部・見えてきたもの

 若者の価値観(見方)を知り、若者の挑戦を後押し(味方)することで秋田の未来を切り開く道を探ろうと、元日から始まった連載「若者のミカタ」。第7部はこれまでの各部のテーマを、取材班が連載に登場した若者と振り返る。秋田に暮らす私たちに何ができるのか、見えてきたものを伝えます。

【予告】若者のミカタ第7部、26日スタート

国際教養大生ら設立「県高校留学推進委」

 県内の高校生が費用負担なく長期留学できる事業を実現しようと、国際教養大学の学生有志が設立した「県高校留学推進委員会」。寄付金がいくら集まるかは未定だが、賛意を示す企業や個人も多い。委員会は、今年の夏にも第1期生を募り、来年夏には実際に留学先へ派遣したい考えだ。

シンポジウム第2弾

6月4日に秋田市で開かれた「若者のミカタ」シンポジウムでは、県内の経営者ら3人とニッセイ基礎研究所(東京)シニアリサーチャーの天野馨南子さん(50)がパネルディスカッションした。若者に選ばれる秋田になるため、地域社会や組織に潜む不寛容さをどう乗り越えていけばいいかを考えた。

不寛容な時代を生きた私からあなたへ

不寛容さや理不尽さを感じながらも生きてきた世代の人たちは今、何を思っているのだろう。本紙連載「若者のミカタ」取材班は、60代の2人の女性から現代を生きる若者へ伝えたい思いを聞いた。「不寛容な時代を生きた私からあなたへ」―。

移住定住編

若い世代が移住や定住を考え、住まいを得ようとした時、特に不動産業者が少ない町村部では情報がほとんど出回らず、住む場所がなかなか見つからない場合もある。若い世代の移住定住が多い五城目町に焦点を当て、家探しのリアルと、課題解決へ向けた新たな動きを追う。

シンポジウム

地域の寛容性をテーマとした「若者のミカタ」シンポジウムが3月27日、秋田市で開かれた。「LIFULL HOME’S総研」所長の島原万丈さんが基調講演。島原さんと、秋田を舞台に挑戦を続ける若者4人を交えたパネルディスカッションも開催。寛容な秋田をつくるための方策や、若者が秋田に関心を持つために何ができるかを探った。