あきた参院選・迫る夏の陣

 参院選は10日の投開票まで1週間となった。本県選挙区(改選数1)には現職と新人の計6人が立候補し、各地で支持を訴えている。6人による争いは24年ぶりで、女性候補が複数出馬するのは初めてだ。選挙戦を「保守分裂」「女性候補」「本県に地盤を持たない候補」のテーマで切り取り、各候補者の戦いぶりをリポートする。3回続き。