特集:イージス・アショア(地上イージス)

「イージス・アショア」はレーダーとミサイル発射装置を備える地上配備型の弾道ミサイル迎撃システム。政府は2017年12月に北朝鮮の核・ミサイル開発を「差し迫った脅威」として2基導入を閣議決定。18年6月に新屋演習場と山口県の陸自むつみ演習場を配備候補地と明らかにした。日本全国をバランス良く防護でき、速やかに配備できるといった条件を満たしたと説明している。

資料

イージス・アショアの配備について-各種調査の結果と防衛省の検討結果について-
令和元年 5月27日
ダウンロード(PDF:26MB)

ニュース