YOSHITAKAコラムDance under the Moon

 秋田市出身、オランダ在住のプロダンサーYOSHITAKAが、世界各国を渡り歩き、独自の表現を追い求めてきた異色のダンス人生をつづります。
※最新回は無料で公開しています

YOSHITAKA
1981年秋田市生まれ。本名・鈴木祥高。秋田高校から東京のダンス専門学校に進み、プロのダンサーに。2005年ニューヨークに渡り、黒人音楽の殿堂・アポロシアターのコンテスト「アマチュアナイト」で準優勝2回。世界1周ダンス放浪の旅を経て帰国。SMAPの全国ツアー&海外公演、ケツメイシのPV、氷川きよしの武道館公演などでバックダンサーを務める。12年に渡英、ハイネケンの全世界向けCM、ソニーのブラジルW杯サッカー向けCMになどに出演。一時帰国中の15年10月、秋田県立美術館の主催イベント「まぼろしに舞う」で藤田嗣治が描いた大壁画「秋田の行事」を表現したダンスを発表した。16年末からはオランダを拠点に欧州で活動中。秋田県大潟村応援大使、サッカーJ2ブラウブリッツ秋田公式応援サポーター。