一芸三年で没頭した

(2011年10月27日 付)
安岡正篤(前列中央)を招き講演会を開く(昭和5年7月)

 政太郎(号・果(か))は「一芸三年」を身上としていました。これと目標を定めたら優れた師匠を求め、3年間は集中して修練するということです。