雪を固めた冷蔵庫も

(2011年10月30日 付)
大正時代の地図に見える柴田養助商店。裏が小学校だった(羽後町歴史民俗資料館蔵)

 生家は表通りから裏の通りまで続く細長い造りで、表通りに面して店を構えていました。私が子どものころは、父政太郎が鍛冶場で打ち出した鎌や刃物のほかに、お茶や砂糖、小学校で使う習字の道具も売っていました。祖父の名前が付いた「養助墨」というのがあって、学校でみんなが使っていたものです。