山崎孝

掛け持ち、2巻落とし

(2013年2月3日 付)

 大館の銀映劇場に勤めていた昭和26(1951)年、花岡町(現大館市)の共楽館とフィルムの「掛け持ち」をしました。掛け持ちとは、1本のフィルムを二つの劇場で使うことです。