辻社長の貫禄に敬服

(2014年8月25日 付)
秋田いすゞに入社後、辻社長(左)と。中央が本人=昭和30年代後半、場所不明

 昭和31(1956)年早々、秋田いすゞ自動車の入社試験で初めて会った辻兵吉社長は、若かったけれど、貫禄がありました。私より六つ上、30歳になるかならないかのころでした。体が大きいし、顔立ちのせいもあるのでしょうが、代々受け継いできたものが雰囲気として現れているのだと思いました。