複写機事業を新展開

(2014年9月11日 付)
平成元(1989)年、2代目社長に就任=「秋田ゼロックス20年の歩み」から

 秋田ゼロックスは当初、秋田いすゞ自動車の複写機事業部としてスタートしました。辻兵吉社長が富士ゼロックスの小林陽太郎社長と青年会議所時代から知り合いだったことが縁で、特約店の話が舞い込んだのです。