わか杉国体に力注ぐ

(2014年9月20日 付)
わか杉国体の誘致に奔走していたころの辻兵吉県体育協会会長(左、当時)。右端が本人=平成5(1993)年

 バスケットボールの世界選手権が世界最高峰のプレーに興奮する大会なら、国体は別の意味で熱が入ります。古里を同じにする者たちが一丸となって勝利を目指すからです。平成18(2006)年9月、バスケット世界選手権が終わると、県体育協会会長として翌19年の秋田わか杉国体に集中しました。