国体に半生を懸ける

(2014年9月24日 付)
藍綬褒章を祝う会で妻の良子さんと=平成7年12月

 国体と私の関わりは、半世紀以上も前にさかのぼります。昭和34(1959)年の東京国体に、バスケットボール成年男子の監督として出場したのが最初です。発足して間もない秋田いすゞの選手を中心に、秋田選抜を組んで臨みました。