担ぎ屋通じ大豆入手

(2016年12月27日 付)
閉山(昭和53年5月31日)直前の尾去沢鉱山。長きにわたって金や銅を産出した

 戦中体験としてよく語られるのは、食料をはじめ物資不足ですな。私の家でも、ご飯に麦とかアワとかの穀物を交ぜて食べました。

 それでも物資の面では、私の住む花輪町(現鹿角市)は恵まれていたと思います。隣の尾去沢町(同)に行けば、金や銅が採れる尾去沢鉱山=昭和53(1978)年閉山=で働く人たちのための「購買会」という店があって、私たちも必要な物を買うことができたからです。