高校卒業し家業継ぐ

(2016年12月31日 付)
鹿角市花輪公民館で女性たちに豆腐を使った料理の作り方を教える(左から2人目)=昭和49年7月

 昭和25(1950)年3月、大館鳳鳴高校を卒業しました。病気で1年間休学したので、19歳での卒業でした。私は高校を出たら家業の豆腐店を継ごうと考え、その通りにしました。大学に行きたいとは思わなかったし、進学すればお金もかかる。継ぐのが長男の務めだと受け止めていました。