「ありのまま」に共感

(2017年1月5日 付)
平成14年1月、仙台市で開かれた「群山」同人の新年歌会で(右から2人目)

 私は長く歌誌「アララギ」=平成9(1997)年終刊=に投稿しました。私が20~30代のころの選者、土屋文明(ぶんめい)は、見る目は厳しかったけど、暮らしぶりがよく表れた歌を選んでくれていました。文明自身「偽りのない歌」を作っていたので、平成2年に100歳で亡くなった後もずっと尊敬しています。