大会名
男子:第49回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会
女子:第36回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会
主催
秋田県剣道連盟、秋田魁新報社、秋田県高等学校体育連盟
後援
全日本剣道連盟、東北剣道連盟、秋田県、秋田市、秋田県教育委員会、秋田市教育委員会、ABS秋田放送
期日
2020(令和2)年3月29日(日)~31日(火)
会場
秋田県立武道館
秋田市新屋町字砂奴寄2-2 TEL:018-862-6651
試合規則及び方法
  1. ①全日本剣道連盟の「剣道試合・審判規則・審判細則」並びに「高体連申し合せ事項」による。
  2. ②試合はすべてトーナメント法による。
  3. ③男子:試合は5人制による勝抜法によって行い、勝者は続けて試合を行う。
    女子:試合は5人制による対勝負によって行う。
    共通:ただし、4人、3人でのチームの編成も認める。
    4人チーム編成の場合は先、中、副、大とする。
    男子:3人チーム編成の場合は先、中、大とする。(2人以下では参加できない)
    女子:3人チーム編成の場合は先、中、大とする。
  4. ④試合時間は4分とし、勝負決しない場合は引分けとする。
    男子:大将同士は引分けなしで、延長時間は区切らず勝負の決するまで行う。準々決勝以上は一方の大将が出場した場合、引分けなしで延長時間は区切らず勝負の決するまで行う。
    女子:勝者数、総本数同数の場合は、代表者1名により4分1本勝負とし、延長時間は区切らず勝負決するまで行う。
  5. ⑤その他詳細は監督会議において決定する。
参加資格
  1. ①各都道府県連盟に登録されている者。
  2. ②男子:各都道府県高等学校体育連盟に加盟している高等学校生徒で、各高校剣道部に所属している男子生徒。
    女子:各都道府県高等学校体育連盟に加盟している高等学校生徒で、各高校剣道部に所属している女子生徒。
  3. ③年齢は、平成13年4月2日以降生まれたもので(令和元年度に第1、2学年在籍者)、ただし、同一学年での出場は1回限りとする。
  4. ④チーム編成は、全日制と定時制の生徒の出場の混成は認めない。
  5. ⑤転校後6ヶ月未満の者は、参加を認めない。但し、一家転住等やむを得ない場合はこのかぎりでない。
  6. ⑥1校1チーム(監督1名 選手5名 補員2名)
  7. ⑦出場する選手はあらかじめ健康診断を受け、在学する学校長の承認を必要とする。
  8. ⑧外国チームの参加については主催者の判断による。
表彰
  1. ①優勝校には優勝旗、賞状および賞品を授与する。
  2. ②第二位、第三位(2校)に賞状および賞品を授与する。
  3. ③優秀選手に賞状および賞品を授与する。
  4. ④男子:勝抜賞を授与する。(5人抜き…以後5人単位)
    女子:敢闘賞を授与する。(各選手の初戦より不戦勝を除いて連続3勝した選手)
  5. ⑤一位から三位までの監督に優秀監督賞を授与する。
選手の変更について
  1. ①選手の変更・補充については、所定の用紙で申し込む以外は受け付けない。正選手が出場不能となった場合は、その選手のところに補員を入れて補員の補充(2名まで)を認める。
  2. ②選手の順番は変更できない。
  3. ③選手と補員の交代は各試合場の審判主任に口頭で申し出る。
  4. ④1度交代した選手は本大会中再出場できない。但し、負傷または事故者として処理された者は、所属チームの出場可能選手が5人を欠く場合に限り、医師及び審判員(審判主任)の判断により、その後の試合に再出場できる。