成瀬ダム

【用語解説:成瀬ダム】
ログインして用語解説を表示する

キーワード「成瀬ダム」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

北斗星(10月17日付)

 東成瀬村の山間部で重機がうなりを上げていた。国道342号沿いにある成瀬ダムの展望台を先週末、訪れた。駐車場はほぼ満車。ダム堤体が姿を現している大規模な工事現場に多くの人が見入っていた。4年後の完成ま…

成瀬ダム、本体建設本格化へ 工事安全祈り定礎式

 秋田県東成瀬村椿川の成瀬ダムの建設現場で14日、工事の安全を祈願する定礎式が行われた。ダムの本体工事は2018年に開始し、掘削が完了。今後はダム本体の建設工事を本格化させ、26年度の完成を目指す。

成瀬ダム・巨大工事の現場(5)村の財政 観光振興で増収維持へ

 東成瀬村で建設工事が進む成瀬ダムが果たす役割は、治水や発電だけではない。村は、ダムを重要な観光資源として誘客を進める考えだ。

成瀬ダム・巨大工事の現場(4)経済波及効果 村内事業者の受注少額

 人口2千人台の東成瀬村に、最大約650人が集まって暮らす施設がある。成瀬ダムの建設工事を担う作業員のため建てられた宿舎だ。

成瀬ダム・巨大工事の現場(3)外国人労働者 土木施工支える「人財」

 成瀬ダムの工事現場で活躍しているのは、日本人だけではない。スリランカ出身のチャンダナ・ワジラさん(40)はダム本体の基礎掘削作業に従事。バックホーを操り、土台となる岩盤の表層を丁寧に削っていた。

成瀬ダム・巨大工事の現場(2)ICT活用 自動運転技術を実証

 東成瀬村椿川の成瀬ダムで堤体のもり立て作業を進めている重機9台のうち、5台には人が乗っていなかった。先月14日、報道関係者を招いて行われた工事現場見学会の一こまだ。

成瀬ダム・巨大工事の現場(1)作業着々 最新技術、環境に配慮

 東成瀬村で進む成瀬ダムの建設工事。現場で取り入れられている建設機械の自動運転技術や外国人労働者の活躍、村の経済や財政にもたらす効果を追った。

イベント

該当するイベントがありません