年賀状

キーワード「年賀状」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

県内、年賀状配達始まる 元日は609万通、昨年比13・9%減

 年賀状の配達が1日、秋田県内各地で始まった。日本郵便の配達員が各家庭や事業所に新年のあいさつを届けた。県内ではこの日、昨年よりも13・9%少ない609万通が配達された。

年賀状の仕分け作業急ピッチ 秋田中央郵便局、多い日は1日30万通

 年の瀬を迎え、秋田市保戸野の秋田中央郵便局では年賀状の仕分け作業が進んでいる。23日は主婦や大学生らアルバイト約10人が、集まった年賀状を急ピッチで配達地域ごとにボックスに振り分けていた。作業は今年…

どの生き物に年賀状書く? GAOと県内郵便局、コンテスト作品募集

 秋田県内の郵便局と男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)は、GAOの生き物たちに年賀状を書く「年賀状コンテスト」の参加者を募集している。締め切りは1月3日(必着)。

北斗星(12月18日付)

 来年100歳を迎える直木賞作家、佐藤愛子さんの著書「孫と私の小さな歴史」には、1992年から20年にわたって撮った写真が紹介されている。いずれも年賀状に印刷するためのものだ

ビッキーはラーナちゃん宛てに… 年賀状の受け付けスタート

 2023年用年賀状の受け付けが15日、全国一斉に始まった。秋田市保戸野の秋田中央郵便局では、訪れた人が次々と年賀状の束を専用ポストに投函していた。同局によると、年賀状は25日までに投函すれば元日に配…

一彫り丁寧に、温かみある作品完成 木版画で年賀状作り

 木版画に親しんでもらう学習講座「木版画でつくる年賀状」が、秋田市大町の赤れんが郷土館で開かれた。市民6人が2日間かけて、手作りならではの温かみのある年賀状を完成させた。

年賀状販売スタート 初日から市民続々、「祖父母に送りたい」

 2023年用年賀はがきの販売が1日、全国で始まった。秋田市内の郵便局にも、市民らが続々と訪れた。

年賀はがき、1枚1枚の大切さ感じながら…秋田中央局に搬入

 2023年用のお年玉付き年賀はがきが7日、秋田市保戸野の秋田中央郵便局(保浦秀敏局長)に搬入され、職員約20人が運び入れた。全国の郵便局で11月1日から販売する。配達の受け付けは12月15日から。

GAOの生き物ずらり 年賀状コンテスト、三輪小の大坂君最優秀賞

 男鹿水族館GAO(男鹿市戸賀)と秋田県内の郵便局が共催する「GAO年賀状コンテスト」の入賞作品100点が決まり、県内各地での巡回展示が行われている。

一から教えて:きれいな字の書き方 心を込め、ゆっくりと

 取材メモから郵便物の宛名書きまで、長年我流を貫いてきた記者(28)。人前で字を書くたびに「もっとうまくなりたい」と思ってきた。年賀状書きの日が刻々と迫る中、書道歴約50年の竹村天祐さん(58)=大曲…

イベント

GAO年賀状コンテスト2023巡回展(能代郵便局)

2月6日(月)~13日(月)
能代郵便局

男鹿水族館GAOと、県内の郵便局が行った「GAO年賀状コンテスト2023」の入賞作品の巡回展示。

GAO年賀状コンテスト2023巡回展(いとく男鹿ショッピングセンター)

2月15日(水)~23日(木)
いとく男鹿ショッピングセンター

男鹿水族館GAOと、県内の郵便局が行った「GAO年賀状コンテスト2023」の入賞作品の巡回展示。

横手市増田まんが美術館「漫画家からの年賀状展」

2月28日(火)まで ※21日は休館
横手市増田まんが美術館

美術館にゆかりのある漫画家から届いた年賀状40点が展示されている。キャラクターや今年の干支にちなんだウサギの絵など、個性的なタッチで描かれたデザインが目を引く。

GAO年賀状コンテスト2023巡回展(道の駅おが)

2月24日(金)~3月5日(日)
道の駅おが

男鹿水族館GAOと、県内の郵便局が行った「GAO年賀状コンテスト2023」の入賞作品の巡回展示。