自治体予算

キーワード「自治体予算」にタグ付けされたニュース・話題、イベントです。

ニュース・話題

脱炭素社会実現、若年女性の県内定着促進…23年度県当初予算案

 秋田県の2023年度一般会計当初予算案は、脱炭素社会の実現に向けた取り組みや賃金水準の向上、若年女性の県内定着・回帰対策を重視する内容となった。主な事業をみる。

賃金水準向上に458億 県当初予算案、総額5825億円

 秋田県は31日、総額5825億4300万円の2023年度一般会計当初予算案を発表した。22年度当初予算との比較では約61億円(1・0%)減った。県政運営指針「新秋田元気創造プラン」(22~25年度)…

佐竹史料館改築に7億 秋田市の新年度当初予算案1411億円

 秋田市の2023年度当初予算案の概要が30日、分かった。一般会計の総額は1411億円で、22年度当初比で32億円(2・3%)増えた。

県の節電家電購入支援、3月から受け付け 1台につき2万円上限

 秋田県は電気料金の高騰をふまえ、節電効果の大きい家電製品の新規購入や買い替えを支援する。1台につき2万円を上限に、本体価格の5分の1を商品券またはキャッシュレスポイントにより助成。家庭のエネルギー費…

大館市議会、補正予算案を可決 物価高騰対策など

 秋田県大館市議会は15日、22年度一般会計補正予算案、議員報酬や市長、職員らの給与などに関する条例の一部改正案、意見書案、人事案など38件を可決、同意、承認し閉会した。

県、23年度の予算編成スタート 人口減、賃金向上に重点方針

 秋田県は7日、幹部職員による会議を県庁で開き、2023年度当初予算案の編成作業を始めた。県の重要施策である人口減少対策や賃金水準の向上を重点的に推進する方針を示した。新型コロナウイルス対策については…

北秋田市議会、補正予算案を可決 公用車事故で損害賠償も

 秋田県北秋田市議会は28日、22年度一般会計補正予算案、追加提案の人事案、意見書案3件など計26件を可決、同意、採択。公用車の交通事故に関する和解と損害賠償などの専決処分を市が報告し閉会した。

仙北市議会、補正予算案を可決 総額3億7950万円

 秋田県仙北市議会は24日、追加提案分を含む22年度一般会計補正予算案や議員提出の意見書案など計6件を可決して閉会した。

秋田市、冬タイヤ購入費257万追加 物価高で値上がり予想

 物価高騰の影響が自治体の財政にも及んでいる。秋田市は公用車用の冬タイヤ購入費257万円を追加する。本年度の一般会計当初予算に冬タイヤ購入費558万円を盛り込んでいたが、タイヤの値上がりを受けて不足す…

「ふけの湯」への市道補修費1億円超 鹿角市、予算追加へ

 秋田県鹿角市議会は15日、本会議を開き、のり面崩落で片側交互通行となっている八幡平の市道補修工事費などを盛り込んだ22年度一般会計補正予算案が追加提案された。

イベント

該当するイベントがありません